キャッシング審査

用途に合わせたキャッシング審査方法

キャッシングをしたいという方の8割はあせっているということを聞きました。
実際、そうだと思います。
「早く借り入れしなきゃ」
「借り入れできるんだろうか?」
ということで頭がいっぱいになってしまうのは当然ですからね。

でも急いでいるときこそ、落ち着いて使い道に合ったカードローンを選ぶべきなんですね。

それでは使い道に合ったカードローンとは、どういったことになるのでしょうか?

【使い道のパターン】
・給料日前に手持ちが足りなくなってしまった
・冠婚葬祭のためにお金が必要
・妊活をしたいけど不妊治療費用をどうしようか?
・入院費用や治療費用が払えない
・リフォームをしたいが貯金を切り崩したくない
・車やバイクを買い替えたいけど専門ローンは時間がかかる
・子供の教育費として借り入れをしたい

と、まだまだ使い道のパターンというのはたくさんあると思うのですが、この中にでてこないものは適当なパターンに当てはめて考えてみてください。

それではそれぞれの使い道に合ったおすすめカードローンを紹介しますね。

キャッシングの審査は目的別に

・給料日前に手持ちが足りなくなってしまった
まず、多いのがこのパターンではないでしょうか?
必要な金額、つまり希望融資額はそれほど大きくないのですが、
なんとかして早く借り入れしなきゃ困ってしまう。
こういったときにおすすめなのが、ある一定期間の間、無利息になるカードローンです。
こういった無利息期間のあるカードローンは条件がいろいろと必要になってきますが、
初めての利用の場合にはそれほどややこしい手続きが必要ではないので、まずはこちらの審査に申し込んでみることをおすすめします。

・冠婚葬祭のためにお金が必要
こちらも急に来ることが多いパターンですよね。
しかも冠婚葬祭のどれであってもこちらの都合によって日にちを、ずらすことができません。
ということは即日融資も可能なカードローンへの申し込みが必須になるかと思います。
冠婚葬祭に必要な金額というのはそれほど大きくないと思いますから次の給料日までに返済が可能であれば、やはり先ほど紹介したような無利息期間のあるカードローンがおすすめです。

・妊活をしたいけど不妊治療費用をどうしようか?
妊活にかかる不妊治療費用はタイミング法、人工授精、体外受精などといったステップによってまったく変わってくるのですが、
少ないものでは数十万円、高くなると数百万円になってしまうことはざらなんです。
ということは、先ほどの2つのパターンとは勝手が違ってきそうですね。
大きな金額を借り入れするのであれば絶対に低金利なカードローンがおすすめです。
中でも銀行カードローンがいいと思います。
最近の銀行カードローンはWEB完結で申し込みができたり、即日利用が可能だったりするので融資にかかる時間もスピーディーだと思いますよ。

・入院費用や治療費用が払えない
入院費用の場合ですが国保や社会保険などの保険に入っている場合には高額療養費制度というのがありまして、どれだけかかったとしても月に支払う金額は8万円ほどで済むようになっているので、まずは高額療養費の申請をするのがスタートになるかと思います。
そのうえでやっぱり8万円という金額が負担になるのであれば、カードローンを利用するのがよいかと思います。
8万円という金額では金利の中でも上限金利が適用されるかと思いますので上限金利が低い銀行カードローンをおすすめします。

治療費ということになりますと、それがどれだけ続くのかということによると思うのですが、「まずは今日の治療費が払えない」といったような少額であって、「次の給料日が来ればなんとか払えるんだけど」という場合には無利息期間のあるカードローンがいいと思います。

・リフォームをしたいが貯金を切り崩したくない
持ち家の増築や改築を希望しているんだけど貯金は使いたくない、もしくは定期預金で物理的に崩せないという場合には銀行カードローンがおすすめですね。
中でも>>オリックス銀行カードローンはリフォームとしての費用にもおすすめされているのでよいかと思います。
金額も高くなってしまうことがあっても低金利な銀行カードローンなら安心ですよね。

・車やバイクを買い替えたいけど専門ローンは時間がかかる
新しい車が欲しい、またはバイクが欲しいという場合にまっさきに思いつくのが
自動車ローンやバイクローンだと思いますが、
専門のローンやディーラーローンって審査が厳しかったり時間がかかってしまうんだよな。ということで不安になっている方って多いんです。
そういった方におすすめしているのが銀行カードローンです。
即日利用も可能な銀行カードローンを選ぶことでスピーディーな利用が可能になりますし、欲しかった車やバイクの熱が冷めるのも防げる可能性がありますよね。

・子供の教育費として借り入れをしたい
お子さんの教育費用として借り入れを検討している場合にも専門の教育ローンよりは使い道が自由なカードローンの方がおすすめです。
といいますのも、専門の教育ローンは使い道が限定されている場合が多いのですが、
つか意味が自由なカードローンであれば「このお金は教育費」「こっちのお金は別の用途」といった形で分けるのは自由だからです。

キャッシングサービスは金利や融資スピードや最大融資額などよりも用途に合わせて選ぶべきです。使い道別のおすすめカードローンをご用意しました。